公認会計士試験 記録用ブログ

公認会計士試験 記録用ブログ

企業法(短答)の勉強方法について

企業法(短答)の勉強方法について

 

機関・設立・株式など大枠のインプットは入門講義で済ませているが、それ以降の基本的な学習はLECの一問一答問題集を中心に実施。

問題を読まず右側の解答部分を読み込む(0回転目)

インプットした項目に関連する過去問3〜5年分を解く

間違った・正誤判定できなかった項目を一問一答で復習。その際、関連規定についてもインプットし直す。

過去問から一問一答へ移る際は、解いた問題の項目全体ではなく小分類で復習する。項目全体の復習をするとなると時間がかかるのに加えオーバーワークになり、モチベーションが保てなくなるため。

(ex.種類株式の問題を解いた→株式全体ではなく種類株式のみ復習)

※9/5修正

 

LECの短答講座では入門論点(機関・設立・株式)は内容をまとめたレジュメが配布されていたが上級論点を体系的に捉える媒体が教科書しかなく、検索性が低かったため大原のポケットコンパスを購入。

一問一答を引き続きメインの媒体に据え、間違ったところの復習はポケットコンパスと入門レジュメを活用する。

※10/6修正